仮想通貨 | Cappasity(capp)紹介


Cappasity (CAPP):取引所

3Dコンテンツの交換に用いられる分散型AR/VRエコシステム

私たちはAR/VRの価値を広めるを目標としています

Cappasityは新たな協力モデルを設立することによりAR/VRサービスの国際的なエコシステムを導入します。

このモデルの中でユーザーや開発者は3Dオブジェクトの作製や供給によって簡単に利益を得ることができ、一方で企業などは3Dコンテンツを広く活用出来るようになります。

私たちが最初に衝撃を与える産業はネットショッピングです。Cappasityの創立前までは、3Dイメージの作製は時間がかかり、複雑で多数の商品のカタログに使えるものではありませんでした。

今や、我々のソフトはオンラインの小売店や大きなネットショッピング所のプラットフォームで広く使われています。

私たちの次のステップはAR/VRと関係があまりない産業を前進させ、ブレイクスルーをもたらすことです。

どの様に目標を達成するか?

拡張現実および仮想現実(AR/VR)は多くの産業におけるビジネスの状況を変えるであろう革新的な変容を引き起こす可能性が秘められています。

しかしながら、3Dコンテンツの欠乏はAR/VRの発展に対して抑制的に働いてしまうため、次のAR/VRにおける革命の波は、この新しいエコシステムにおいて共に働き、貢献するコンテンツの作製者によってもたらされるでしょう。

私たちはAR/VRエコシステムに要求される創造性の高いコンテンツを取り扱う予定です。

それにより、現実のオブジェクトを誰もが3Dにモデリングすることが可能となります。

このAR/VRツールキットはエコシステムのプラットフォームを介して利用可能で、どんなカメラを用いても3Dイメージが作製可能となるので、3Dコンテンツのベースとして用いることが可能となります。

このコンテンツベースはネットショッピングやビデオゲーム、その他娯楽産業などで長く利用されるでしょう。

どのような仕組みか?

Cappasityは3Dコンテンツの作製、レンタル、販売にブロックチェーン技術を利用した初めてのプラットフォームです。

このアプローチは、創造性の高いコンテンツの保有や交換において分散型・トラストレスな著作権保護を保証します。

スマートコントラクトプロトコルとイーサリウムブロックチェーンに基づいて、私たちの分散型プラットフォームはユーザーの著作権保護と移譲ができるようにしています。

エコシステムの参加者は3Dモデルを使用したり、レンタルする際にコンテンツの作製者に支払いを行います。

AR/VR/3Dコンテンツのマーケットプレイスやモバイルアプリによって、3Dアーティストはプロダクトの作製、レンタル、販売が促されます。

もしくは3Dモデルの作品集の展示や、AR/VRアプリケーションへの融合といった個人的な目的での使用も可能です。

さらに、このプラットフォームはAPIやSDKが提供されるため、我々のテクノロジーとコミュニティが開発したツールを融合させることが可能となります。

活発なコミュニティメンバーや開発者を支援し、AR/VRソフトウェアソリューションを確立するために、我々はユーザーのための報酬基金およびCappasityInnovation Fundを設立する予定です。

マーケット

ARは現代のネットショッピングやモバイル商取引において主要な構成要素となりうる可能性を持っています。

Citi Bank researchの調査によるとAR商取引は2035年までに25%のオンライン小売店が導入することが期待されており、これは1.3兆ドルの経済効果があると考えられます。

しかしながら、AR/VRテクノロジーは、卓上型および携帯ゲーム、テーマパークやアミューズメント、メディアや広告、スポーツ、音楽、自動車産業、教育、医療や健康、産業的利用、工場作業など、様々な分野で活用できるとされています。

ゴールドマン・サックスはAR/VRソフトウェアのマーケットは2025年までに350億ドルに達すると試算しており、そのうちAR/VR ソフトウェアの収入の60%が消費者によってもたらされるとしています。

ビジネスモデル

マーケットプレイス:コンテンツの作製者はCappasityプラットフォームの取引で生じた利益の85-95%を報酬として受け取ることができます。残りは手数料としてプラットフォームに支払われます。

ビジネスアカウント:Cappasityは中小企業にはフリーミウムビジネスモデル(基本的なサービスは無料ですが、高度な機能には料金を課金するシステム)を採用しています。

Cappasityは事前申し込みに基づいた価格決定モデルを採用しています。

最小管理単位ごとの固定金額(定額制)か、無期限のプランを選ぶことができます。

ロードマップ

Q4 2017
Cappasity Platformリリース・あらゆるタイプのデバイスに対応し、独自の3Dフォーマットにより4倍高速ブラウジング、APIもしくは手動により簡単な埋め込みも可能

Q1 2018
無料のモバイル3DキャプチャSDK/3Dビュー、3Dホログラムモバイルキャプチャ/3Dホログラム統合/ UE統合

Q2 2018
スマートコントラクトにより3D / AR / VRコンテンツマーケットプレイスを開発/3Dホログラム
Apple ARKitとの統合/Cappasity AI API:ユーザ行動規範分析、CMS

Q3 2018
無料の3Dアバタースキャナ/AR / VRデバイスのための再開発/3D印刷のための再開発

Q4 2018
分散型AR / VR / 3Dコンテンツストレージ/不動産向け3Dキャプチャを無料で提供/3D測定ソリューション/3Dコンテンツ検索エンジン

Q1 2019
分散型AR / VR / 3Dアプリマーケットプレイス/ドローンによる3Dキャプチャ/高速モバイル写真撮影/分散型GPU写真測量ソリューション

会社概要

URL: ico.cappasity.com
業種:インターネット/ソフトウェア
従業員数:23
設立:2013

経営管理者

Kosta Popov, CEO
Marianna Alshina, CBDO
Alex Chegaev, CTO
Natalie Reyes, CSO
Julia Kasiyanova, BD

既に提供されているもの

  • 無料の3Dデジタル化ソフトウェア「Easy 3DScan®」を使用して3Dビューの作製 – あらゆるカメラで使用可能CAPPをサポートするプラットフォーム
  • 今までの10倍の速度で3Dコンテンツ制作 – 数千SKUの撮影に最適
  • 独自の3Dフォーマットにより4倍高速ブラウジング
  • APIもしくは手動により簡単な埋め込みも可能
  • モバイル機器とVR / AR機器との互換性


Cappasity (CAPP):取引所

今日は南北首脳会談がありました

今日は朝から南北首脳会談がありましたね。

金正恩委員長が韓国に入って、文在寅大統領とガッチリ握手を交わす歴史的な日となりました。

テレビ報道もかなりされていましたよね。

このことによって、マーケット的に何かサプライズが出てくるのではないかと警戒感が広まったのか、かなり値動きがない1日ではありました。

ドルも昨日と同様、かなり狭いレンジで右往左往しているだけでしたし、ゴールドの方も本当に狭いレンジで動いておりました。

静観している状況がずーっと続き、そのまま終わった感じですね。

マーケット的には何のサプライズもありませんでした。

しかし、世界平和のためには、とても良い1日になったのではないかと思います。

会談の内容は朝鮮半島の核をなくすということで合意し、具体的な話は米朝首脳会談に持ち越されるということになりました。

で、マーケット的に今日はこのまま何もない1日で終わるかというと、そのようなことはなく夕方と夜にイギリスとアメリカのGDPの指標発表を控えております。

こちらは大きな指標の発表となりますので、こういったところから動きが出てくるのではないかと思っております。

週末なので最後は限定的な動きになるかとは思いますが、そこそこ大きな動きになるのではないかと思います。

本日のトレード結果(22:25分 現在)
▲25,210円(含み損)

とりあえず、この含み損、一気に消えねーかな。。。

今日のドル円相場は凪の状態

今日の相場環境を見ていくと、日経平均は100円以上上げております。

ですが、通貨に関して言うと、特にドル円においてはほとんど値動きがない状態でした。

昨日109円を突破しましたので、その109円をキープしたまま、いわゆる凪の状態、風のない無風状態といった感じでした。

昨日、一昨日までは激しく動いていたのですが、今日は打って変わって本当に風がなくなってしまいました。

まぁー、こういった状態というのもよくあることで、昨日、一昨日まではすごい熱をもってどんどん、どんどん上がっていったのですが、今日は一旦その熱を冷ます、そういった状況になっているということなんですね。

単にそうゆうことなので、こういった無風状態の時は、しばらく様子を見るということになってきます。

「待つのも相場(株式相場の格言)」ってやつですね。

一方これまで、ドルが主役になっていたので、その間ヨーロッパ、ECのユーロやポンドは、ほとんど動きがない状態だったので、おそらく今後こちらの方の動きも活発化してくのではなかいと考えています。

今日は特にECのユーロ、政策金利の発表なんかもありますし、アメリカの方でもいくつか指標発表がありますね。

明日はポンド、イギリスやアメリカの実質GDPの発表が控えていたりもしますので、夜にかけてまた動き出すのかもしれません。

いずれにしても、私は動いた方向に乗っかっていくというスタンスでやっていきます。

XAUUSD(金とドル)については、しばらく「うねり取り」で細かく利益をとっていくことになるかと思います。

本日のトレード結果(0:04分 現在)
+199円(利確)
▲28,182円(含み損)

NYダウ平均株価、大幅の下げとなりました

昨日はアメリカのダウが-400ドルを超える大幅な下落となっています。

これはアメリカの長期金利が3%台に乗ったことが報道されたことが大きく関わっています。

昨日のダウは高値で始まっていたのですが、終わりは400ドル超のマイナス。

一時は600ドル近くまで下落していたので、かなり大幅な下落ということになりました。

では、長期金利が3%台に乗るとなぜダウが下がるのか?ということなのですが、

金利には短期金利と長期金利があります。

短期金利はよく政策金利と言われるもので、アメリカの公定歩合のことです。

この公定歩合の利上げの話はあなたもよく知るところだと思いますが、

今年に限っては3回利上げをされると言われていて、もしかすると4回になるかもしれないなどと、囁かれていたりもします。

これに対して長期金利ですが、1年以上の金利のことを指します。

長期金利は短期金利にインフレ率などを掛け合わせたものになっています。

そして市場に出回る金利はこちらの長期金利の方なのです。

で、この長期金利が3%台になった、つまり金利が上がったということなんです。

これによって何が起こるのかというと、企業に銀行から貸し出されるお金の金利が上がります。

それだけではなく、個人が家を買ったり、車を買ったりと何か大きな買物をする時にローンを組みますが、このローンにかかる金利も上がります。

企業にとっては資金調達にかかるコストが上がり、個人が何か消費をする時にもそこに手数料が余計に乗っかってくることになります。

企業への負担にもなりますし、個人への消費に対する負担にもなります。

企業にとって金利が上がるということは、必ずしもプラスに働くわけではないということですね。

ですから、昨日ダウが下がったんですね。証券市場が下がったわけです。

そいでもって、普通はアメリカの証券市場が下がれば、日本の証券市場も下がるというのが通例です。

昨日アメリカのダウは一時期600ドル近くまで値を下げ、最終的には400ドル以上値を下げることになりました。

普通はその翌日の日本市場もつられて下げるはずなのですが、今日の日本の平均株価は-60円ぐらい。小幅安で終わっています。

これは何でかというと、アメリカの金利が高くなるということは、日本がやっているゼロ金利政策に対して、相対的にドルの価値が増し、ドルを持っていた方が儲かるのでドル高となります。

このドル高円安の状態って日本企業は儲かります。特に輸出企業が儲かります。

日本は輸出で儲けている国なので、このままなるべく円安に誘導してくれれば、儲かるということです。

このような相関関係があり、アメリカの金利が上がった → ダウが下がった → でも日本に市場は下がらないという現象になるわけです。

このドル高の状態は昨日、一昨日から続いていて、1ドル109円を突破しております。

まだまだドルが強いなというところではあるのですが、いつまでもドルが買われるという状況が当然続くわけではなく、そろそろ終わるのではないかなと思っているところではあります。

でも、もうしばらくはドルが強い状況が続き、下がってもまた上げてくる局面を何度か繰り返すかもしれません。

しかしながら、円高の状態の方がアメリカの企業にとっては有利なので、トランプ大統領はなんとか円高にもっていきたいという思惑があるはずです。

そういったところから、このドル高円安の状態がいつまでも続かないだろうとは思っていますが、これがいつ是正されるのかは誰にもわかりません。

ただ一度下がり出せば、あっと言う間に下がっていくので、様子を見ながらトレードを進めて行こうと思います。

本日のトレード結果(23:32分 現在)
+3,027円(利確)
▲26,522円(含み損)

Cappasity (CAPP) | 私の保有する仮想通貨


Cappasity (CAPP):取引所

私が唯一保有している仮想通貨、
Cappasity (CAPP)が昨日、今日でかなり値を上げてきております^^

AirDropが終わる8月以降から年末にかけて、グググッと値を上げてくれることに期待しています!

CAPPについて

CAPPはCappasity社が発行しているERC20準拠のEthereum tokenです。

・Official Announcements: https://t.me/cappasity3d
・Website: https://artoken.io/
・Portal: https://tokensale.cappasity.com/

・Facebook: https://www.facebook.com/cappasity/
・Twitter: https://www.twitter.com/cappasity
・Telegram: https://t.me/artoken

・CoinMarketCap: https://coinmarketcap.com/currencies/cappasity/

・取引所
Kucoin
https://www.kucoin.com/
Cryptopia
https://www.cryptopia.co.nz/

About Cappasity

【Cappasityは、オンラインショッピングにおいて革命をもたらします。】

Q. Cappasityとはどんなサービスですか?

A. 私たちの提供するCappasityを使うことによって、小売店はオンラインショッピングサイトに「顧客が操作可能な」3Dイメージを埋め込むことができます。通常の写真からひとつの3Dイメージを作るのに、わずか2分しかかかりません。

Q. それによってどんなメリットがありますか?

A. 顧客にはその場で商品を手に取っているような体験を与えることができ、それによって小売店には「顧客の購買率をアップさせる」「商品の返品率を減らす」「問い合わせを少なくする」などのメリットが生まれます。

Cappacityの紹介動画


Cappasity (CAPP):取引所

ドル一強状態ですね

ドル相場の動き

昨日はドルが爆上げの状態で、今日も引き続きドルが値を上げている状態です。

108円の壁をあっさりと超えたかと思ったら、次々と壁を乗り越え、現在は109円台に突入しております。

考えてみると2月は110円の値を付けており、2ヶ月間で104円まで一気に値を下げたわけなので、その反動というところもあるのかもしれませんね。

この反動の引き金になったのは、先日の貿易摩擦の懸念が少し後退したことと、北朝鮮の緊張が緩和されたこと、これに加えてアメリカの好景気。

これによって今、ドルが一強の状態となっています。

他の主要通貨を見てみても、ほとんど動いておらず、ドルだけが強い状況ですねー

まぁー、そのうち調整が入るでしょうから、また追々見ていくという感じでしょうか。

XAUUSD(金/ドル)相場

金の相場はドルが上がっているので、基本的には下落しています。

私の持っているポジションは昨日と変わらず、買いポジションと売りポジションを同数量持って、サンドしている状態です。

相場の状況を見て、片方づつポジションを解放しつつ利益を出していく予定なのですが、今日はそのタイミングがありませんでした。

本日のトレード結果(23:52分 現在)
▲14,843円(含み損)

週明けのXAUUSD相場

週明けのXAUUSD相場、実はもっと朝からドルが上がり、金が下がるだろうと覚悟していたのですが、拍子抜けするほど動きませんでした。

しかしヨーロッパの市場が開くと、ドルが上がって行き、金が下がるという予想通りの展開に。

そこで、先週から持っている買いのポジションと同じ数量の売りのポジションを持つことにしました。

これで売りと買いは同一の数量でポジション持つことになり、これ以上損失が拡大しないかわりに利益も拡大しないという、ホールドされた状態になっています。

ここからの戦略としては、相場が上がれば買いポジションを決済して下がるのを待つ。逆に相場が下がれば売りを決済して、上がるのを待つということになります。

いわゆる、「うねり取り」という手法ですね。

「うねり取り」は両建てでポジションを取るので、相場がどちらに動いても、まーいいかという安心感があり、個人的には好きな手法の1つですね。

後はどのタイミングでポジションを解消していくか、ここが腕の見せどころです。

今このブログを書いている最中にアメリカの市場が開いて、40分ほど経過しているのですが、やはりドルが上がり金が下がるという展開ですね。

しばらくは含み損を抱えながら、チャンスがあれば利益を狙っていくということになりそうです。

今夜は金相場、どこまで下がるかな???

本日のトレード結果(23:14分 現在)
▲14,694円(含み損)

資金に見合った最適ロット数とは?

ロット数は固定せず、その都度計算して決める

あなたはロット数をどのようにき決めていますか?

私はFXを始めた頃は、いつも1万通貨と決めていました。その後、トレードに慣れてくると、普段は2万通貨、自信があるときは5万通貨と決めて取引をしていました。

しかし現在は、都度計算を行いロット数を決めているので、その方法をご紹介したいと思います。

まず、エントリー前に損切りの位置をあらかじめ決めています。

事前に損切りの位置を決めておくことによって、最適なロット数が自動的に計算できるからです。

私はトレードのルールとして、「1取引のリスクは1%まで」と決めています。

手持ちの資金が100万円なら1万円が損切り位置です。

1回の取引で損失を1万円までに抑えなければなりません。

この「1万円以内」という数字と、エントリーから損切り位置までの幅がわかれば、あとはごく簡単な計算で最適なロット数をはじき出すことができます。

例えば、手持ち資金が100万円、120円で買って、「今回は直近安値の119円50銭で損切りしよう」と決めたとします。

損切りまでの幅は50銭です。

このとき資金の1%は1万円なので、119円50銭になったときに損失が1万円になるようにロット数を決めればいいわけです。

このときの計算方法として、私が行っているのは「1銭あたりのリスクが10円のとき1000通貨」を基準とするやり方です。

「1銭あたりのリスク」とは、エントリーしたレートから1銭、損切りに近づくごとに増える含み損の金額です。

計算方法は簡単で、1万円を50銭で割り算します。

「1万÷50」で200となります。つまり、120円から1銭下がるごとに200円ずつ含み損が増えていくことになります。

私の基準としている「1銭あたりのリスクが10円のとき1000通貨」のときに比べて、1銭あたりのリスクが20倍ですから、1000通貨の方も20倍にして2万通貨となります。

これが最適な取引ロット数となります。

取引ロット数の決定4ステップ

  1. 「資金の1%」(A)を計算する
    口座残高×0.01
    【計算例】
    「資金の1%」は資金100万円なら100万円×0.01=1万円(A)


  2. 損切り幅(B)を決める
    買い:エントリーレート-損切りレート
    売り:損切りレート-エントリーレート
    【計算例】
    120円で買って119円50銭で損切りなら、損切り幅は120円-119.50=50銭(B)


  3. 「1銭あたりのリスク」(C)を計算する
    資金の1%(A)÷損切り幅(B)
    【計算例】
    1万円(A)÷50銭(B)=200円(C)


  4. 公式に当てはめて取引ロット数を算出
    「1銭あたりのリスクが10円のとき1000通貨」
    【計算例】
    10円:1000通貨=200円:X

→手持ち資金が100万円で、損切り幅が50銭なら、2万通貨を最適なロット数としています。

北朝鮮が核実験を中止する

今日はお知らせメールの受信音で目が覚めました。

目をこすりながらスマホの画面を見ると、北朝鮮が核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験の中止を宣言との文字が。

今日が休日じゃなかったら、すぐさま市場が反応したでしょうねー

私の現在のポジションから考えると、月曜日が朝から良からぬ方向に動きそうです…

含み損がさらに拡大だな、こりゃ(泣)

まあ、私のポジションはさて置き、このことによって世界の平和が一歩前進したかな、といった認識がなされることは間違いないでしょう。

早速、トランプ大統領もこれは大いなる一歩だといったコメントをTwitterの投稿しています。

しかし、これは核実験とICBMの発射を止めたと言っていることに過ぎず、核兵器をすべて放棄すると言っているわけではありません。

このことを市場がどう受け止めるのかということが1つポイントになると思います。

まだ北朝鮮に対しては、懐疑的な意見を持っている人は多いです。

世界平和への一歩が踏み出された感はありますので、その安心感からドルは一時期に上がるでしょうが、その後どうなるかはまだまだ見通しがつきませんね。。。

金相場についてはここ数年の高値がまだ上の方にあるのですが、そこを超えるようにトライをしているのですが、まだ超えることができないという状況です。

傾向としては、その高値を超える方向でトライを続けるトレンドが続いていくのかな、と予想しています。

本日のトレード結果(週末市場終了時間まで)
▲12,238円(含み損)

月曜日はドルが買われて金が下がるだろうから、どれだけ含み損が広がるかと考えると怖ぇ~

「有事の金」だからな…

円安ドル高、含み損…

ドルの動き

今日のドル円相場ですが、ドルに関しては昨日、一昨日ぐらいから相当強くなっていますね。

特に日米首脳会談が終わってから、日本に対する圧力がそれほど無かったことで、ドルに対する安心感が広がりを見せています。

もともとドルの方が金利が高く、日本はゼロ金利政策を取っているので、そもそものポテンシャルがドルの方が高い上に、ここに来て戦争のリスクや貿易摩擦のリスクが一歩遠退きましたので、ドルを持っておこうという認識が広がっているわけですね。

で、今現在ドルは高値をどんどん切り上げて行って、直近の高値を更新しようとトライしているところです。

これが1つまた上を更新してくるかどうかがポイントで、上に抜ければより鮮明に円高となり、更新に失敗すればまた下降していくのかなと思われます。

いずれにしても、ドルが強い状況はまだしばらく続きそうです。

金市場

金の市場についても目先の高値を更新しようとしているところだったのですが、今のドル高に引っ張られて価格は下がってきています(泣)

しかし、この下げは一時的なもので、再び高値更新を狙ってくるのではないかなと予測をしております。

とは言いつつ、今日の含み損、凹みます~(泣)

本日のトレード結果(23:15分 現在)
▲11,514円(含み損)